News Releases

ASTM Internationalが世界的な付加製造(AM)情報のリーダーWohlers Associatesを買収

Printer-friendly version

国際標準化機関ASTM Internationalは16日、付加製造(AM)・3Dプリンティング産業の世界的情報リーダーWohlers Associatesの買収を発表した。AMと次世代インテリジェント製造ソリューションの展示会2021年FormnextのStandards Forum(規格フォーラム)に合わせた発表である。

買収の一環として、ASTM Internationalは情報ブリーフ、専門報告書類、AM設計のトレーニング、コンサルタントサービスとともに、AM業界向け一流刊行物であるWohlers Reportも入手する。

ASTM InternationalのKatharine Morgan社長は「ASTMファミリーにWohlers Associatesを迎え入れることは非常に喜ばしい。Wohlersは30年以上にわたってAM業界の情報と分析の信頼できる情報源であり、この業界で2つの信頼される確かなブランドが一緒に何を達成できるか楽しみにしている」と述べた。

Morgan氏は、Wohlers ReportとWohlers Associatesの商品・サービスの全ポートフォリオを、ASTMの構成部分とAMセンターオブエクセレンス(CoE)の業務と一体化することを期待している。この調整により、世界のAM業界の事業情報、アドバイス、リソースに新しい可能性がもたらされる。

今後、コロラド州フォートコリンズの会社は、ASTM Internationalが支えるWohlers Associatesとして事業を展開する。組織のTerry Wohlers主任コンサルタント兼社長はASTM Internationalに加わり、AM市場情報の責任者となる。Wohlers AssociatesのNoah Mostow氏も、ASTMのAM市場情報・分析の新マネージャーになる。どちらもASTMのAMCoEに所属する。

Wohlers氏は「ASTM Internationalの世界クラスのチームに加わることに最高に興奮した。ASTMを通じて、これまでよりも多くのプロジェクトを受け入れることができるようになり、アドバイザリーサービスチームは今までになく大きくなった。ASTMが今後何年もReportを発行することにコミットしたことを喜んでいる」と語った。

Wohlers氏は、AMに関して26年間、議論の余地なく業界をリードする出版物であるWohlers Reportに顧客が期待する品質、中立性と価値を、ASTM Internationalが維持することを確信していると付け加えた。

この買収は、確固たるAMプログラム・サービス・商品の提供によりAM業界での影響力を拡大するためのASTMの成長ビジョンと投資を支える。これらの提供には、AMの最新の開発と傾向に関する市場情報と技術的・戦略的アドバイザリーサービスが含まれる。これらは既存のASTMのプログラムとサービスを補完し、AM技術の産業化を支援する。Wohlers Reportの将来版は、オンラインサブスクリプション・プラットフォームであるASTMの主力商品Compassに統合される予定である。

ASTMは既存のWohlersブランドを、その市場影響力と世界中のAM業界トップの意思決定者へのアクセスを基盤として活用していく。この買収により、多くの業界に新たな価値がもたらされ、AM商品・サービスの幅広い採用が可能になると期待される。

買収に関する記者会見は2021年11月16日火曜日のFormnext中に、PortalhausのレベルC、Room Prismaで中部欧州時間11時15分-11時45分に開催される。

ASTM Internationalが提供するWohlers Associatesの商品とサービスの詳細は次を参照:wohlersassociates.com

2018年に設立されたAMCoEは、ASTM Internationalと産業界、政府、学界の代表との共同事業体であり、AM技術のあらゆる側面で基準を進歩させるための戦略的研究開発を実施している。このセンターは、トレーニングプログラム、規格化、認証関連サービスの活用により、強固で革新的な技術の開発と採用を加速することを目指している。

買収に関する補足情報を含むAMCoEの業務の詳細は次を参照: www.amcoe.org  

 

メディア問い合わせ先Dan Bergels, Tel+1.610.832.9602, dbergels@astm.org

      

Release #11329

###

Committee: 
F42
Category: